大森南朋の母の名前は?母のエピソードと画像も公開!!

大森南朋さんの母親について
これから語っていきますが、大変苦労されていますね。

結婚したものの離婚し、シングルマザーとなり、
女1人で育てた苦労人。

しかしながら大変美人だったようです。

そんな美人の苦労人、
大森南朋さんの母について紹介していきます。

流れはざっとこんな感じです。

  • 名前は?
  • どんな人?
  • 大森南朋を女1人で育てる!

では見ていきましょう!

目次

大森南朋の母の名前は?

大森南朋さんの母の名前は
はっきりと分かっていませんが

桃ちゃん

と呼ばれているようです。

大森桃なのか?
大森桃子?
大森桃江?
大森桃太郎?ではないですね。

桃ちゃんとは可愛い名前ですね。

大森南朋の母親はこちら↓↓↓

出典元:セラピストれぃれぃとセラピードッグの日記

左に写っている子どもを抱えた方が
大森南朋さんの母ですね。

写真右下に94 10 17と印字されていますので
1994年10月17日ですね。

ということは2022年計算ですと
28年前の写真ということになりますね。

大森南朋の母はどんな人?

大森南朋の母は舞踏家

大森南朋さんの母は、
前衛舞踏家として活躍されていたそうです。

現在はもうありませんが、
当時新宿には『風月堂』という
喫茶店がありました。

その風月堂には
美術家、詩人、音楽家など
いろんな芸術家が集うお店だったそうです。

そこに
舞踏家の大森南朋さんの母も
顔を出していたようです。

そこでは、新宿の女王として
親しまれていたようです。

とても美人の方だったようで、

杉並区にある酒屋は
女優か歌手のような顔立ちの綺麗な人と
言われていたようです。

そして店内ではシャンソンを口ずさんでいたとか。

インド雑貨屋さんを経営

インド雑貨屋さんを経営していたようです。

いつからインド雑貨屋さん
経営されていたかは不明ですが、
1989年にはまだ経営されているようでした。

大森南朋さんの母は当時45歳!

お店の名前は
『DADA』
だったようです。

こちらがその当時の画像!

出典元:セラピストれぃれぃとセラピードッグの日記

大森南朋さんの母は自伝ものが好き?!

当時公開されていた
マルグリット・デュラスの
自伝小説が原作の

『ラ・マン(愛人)』を見た後、

友人を連れて舞台になった
ベトナムへ行かれています。

映画の舞台となった
ベトナムへ足を運ぶということは
映画が相当良かったのか?

それとも

マルグリット・デュラスのファンなのか?

又は

両方なのかもしれませんね。

ベトナムへ行ったときの画像はこちら!↓↓↓

出典元:セラピストれぃれぃとセラピードッグの日記

大森南朋の母は、大森南朋を女1人で育てる

大森南朋さんが幼い頃に、両親は離婚され
大森南朋さんの母が引き取りました。

その理由としては当時、
父親である麿赤兒(まろあかじ)さんの
所得不が安定に事があげられるそうです。

給食費も払えない時があったぐらい
経済的に厳しい状態だったそうです。

その為、
その後は大森南朋さんは
母子家庭として育ちました。

大森南朋さんの母は、とある酒屋さんの常連客


大森南朋さんは、杉並区の酒屋さんの近所に
2~3年ほど母親と暮らしていました。

そこの酒屋さんに大森南朋さんは、
店主との会話は無かったものの
缶ビールを買うこともあったそうです。

大森南朋さんの母の方は
頻繁に酒屋さんを訪れていたようでした。

CM出演を喜ぶ大森南朋さんの母

大森南朋さんの母は
杉並区の酒屋の店主に対して、

「うちの息子がサントリーのCMに出るのよ〜」

誇らしそうに言われていたそうです。

サントリーのCMで、
森南朋さが出演しているもので
一番古いものだと

1994年の『サントリーオールド』
ではないいでしょうか?

夏の恋物語!

大森南朋さんの母は
このCMを見てど
のように感じたのでしょうかね?

少し気になってしまいました。

まとめ

いかがだったでしょか?

筆者には、
自分を隠さず全てを出し素直に生きていく。
そんな大森南朋さんの母に映りました。

ありのままに生きていく。簡単そうで難しい。
そんな生き方をされていたからこそ
いつまでも美しい桃さんでいられるのでしょうね。

目次
閉じる